不動産投資は成功すれば大きなメリットがありますが、金利が高く空家時にコストがかかるデメリットがあります。

株式会社フィードジャパンは東京など首都圏を中心にワンルームマンションなどの不動産投資を専門に行っている会社です。

不動産投資市場では、近年アベノミクスや東京オリンピック招致が決まった事で

東京の地価が僅かではありますが上昇傾向にあるなど、需要を高めてきています。

 

フィードジャパンはワンルームマンション投資の中では比較的後発組ですが、既に成約実績も多く、

ネット上では2chなどをはじめ様々な口コミが寄せられている話題の会社です。

 

フィードジャパンに就職を検討している方や、ワンルームマンション投資を検討している方の為に

不動産投資サポートを行うフィードジャパンを徹底分析しました。

 

この分析を行う為に、長年不動産業界で活躍をしている

田中真氏と中村建治氏が2chなどの情報などを駆使して評判を探ってみました。

 

 

 

 

田中氏と中村氏が語る不動産投資のメリット、デメリット

 

2chなども含めてネットで不動産投資の事を調べて見ると、良い意見も悪い意見も色々とあるようです。
実際に不動産投資はメリットだけではなくデメリットも多く、しっかり特性を把握した上で投資を検討する必要があります。
ここでは不動産投資業界で活躍する田中真氏と、新築マンション業界に詳しい中村建治氏に不動産投資のメリットとデメリットを解説しています。

 

 

フィードジャパンが営業する不動産投資について

フィードジャパンに限らず、不動産投資を勧める会社の営業文句は大体決まっています。
代表事例を紹介すると

  • 毎月安定した不動産所得が入ってくる
  • 税金対策になる
  • 老後に備える

などといった内容が定番です。

 

田中氏は実際に上手に回転した場合は、不動産投資にはこのようなメリットが存在していますし、
意味もなく闇雲に貯金だけをするのであれば不動産投資に積極的に検討する事をオススメしています。

 

中村氏も同様に不動産投資のメリットを理解しつつも、長い人生設計をする上で、
安易に不動産投資をする事はデメリットが上回り、思い通りの結果にならないリスクを把握しておく必要性を強調しています。

 

簡単に例題で挙げた3つの項目の中身を詳しく解説してもらいました。

 

毎月安定した不動産所得が入ってくる
毎月安定した不動産所得が入るというのは、投資用で購入したマンションを賃貸で借りる居住者が現れた場合です。

当然、空き部屋になってしまうと、ローンのみが重しになり管理費や修繕積立金など負担しなければいけない維持費も発生するケースがあるので、空き部屋で家賃収入がない期間が数ヶ月続いても、投資者が安定して生活できる余裕が必要になります。
しかし首都圏を中心に駅チカなど需要が高い好立地物件であれば、居住者が退去後も同じ家賃ですぐに新しい借り手が現れ安定した収入を継続して確保できる物件も多数あります。(人気投資物件の共通点はこちら)
不動産投資は物件選びが非常に重要で、物件次第で空家率や長い目線で見た実際の収益性は大きく変わってきます。

 

税金対策になる
税金大切については、不動産の取得費用の減価償却と家賃収入のバランスをうまく調整できるメリットがあります。

腕がある税理士などに相談しながら、税率が有利になる水準で確定申告を行っていく事で大きな節税効果が期待できます。
税金対策については、やり方次第で素人が考えなしに確定申告をすると負担が大きくなるケースもあるので注意が必要です。
こうした節税対策も考えて取得時にシュミレーションやアドバイスができる、経験豊富な会社に不動産投資を相談する必要があります。

 

老後に備える
最後に老後の備えですが、現在20代、30代の方は将来年金がどれだけもらえるのかは不透明で、今の高齢者のような待遇で年金受給できる可能性は非常に低いと言えます。

フィードジャパンなどを活用して不動産投資をした場合、老後にはローンが完済して家賃収入だけを得る事も可能です。
しかし、それはあくまでも成功した事が前提の話です。
不動産投資は2chでも話題になっていますが、不利益な物件を強引な営業で売り込んでいる悪徳業者も多数あります。
実際にワンルームマンションなどの不動産投資をしても、老後を迎える前に何かしらの理由でマンションを売ってしまっている方も多くいる現状を理解しておく事が必要です。(不動産売却の流れとは)

 

 

不動産投資のメリット

 

前述で紹介している通り、不動産投資は家賃収入を得て税金対策もしながら、財産を構築していく事ができるのが最大のメリットです。
首都圏の好立地マンションは購入後時間が経過しても資産価値が下がらない物件が多数あります。
良い物件を選んで正しい資金計画を立てれば、他の金融資産系の投資と比較しても手堅く着実に資産を増やしていく事が可能です。
また都内の好立地マンションでは、購入後数年でマンションの価値が上昇するケースもあります。

 

上手にいった方の事例を紹介すると
2,800万円で新築マンション購入(諸費用別途300万円、頭金300万円)月々10万円でローンを組んで、家賃収入月々12万円。
10年後3,000万円で売却(諸費用100万円必要) ローン残債1,700万円で手元に1,200万円残る

 

これは成功事例で収益性を約束するものではありませんが、このケースでは、ローン返済額を上回る家賃収入を得ながら、10年後1,000万円以上の資産を増やす事に成功しています。
当然銀行にお金を預けるのとは桁が違う利益率ですし、リスクが高い先物などの金融商品と比較しても高い利率だと評価できます。

 

この他にも不動産投資は

  • ローンを完済後も家賃収入を継続して得る事ができる点
  • 数十年が経過しても資産価値が極端に下がりにくい

といったメリットがあります。

 

 

不動産投資のデメリットとは

 

フィードジャパンをはじめ、不動産投資を行う上で最も重要なのはリスクやデメリットを理解しておく事です。
一番大きなリスクは、空家になってしまい家賃収入が止まってしまう事です。
物件選びによって、このリスクは減らす事ができるので、物件選びはとにかく慎重に事前リサーチをして決める事が必要です。

 

しかし不動産投資のデメリットはそれだけではありません。
代表事例として紹介したのは、ローン金利が高いという点です。
現在自ら居住用の住宅を購入する場合、変動金利を選択すれば1%以下の超低金利で融資を受ける事ができます。
しかし、最初から投資用として住宅を購入する場合は金利相場は変動金利の場合でも2%~3%です。
返済期間を長くするほど、金利の負担が大きくなってしまいます。

 

新築マンション業界に詳しい中村建治氏は、最初から投資用として物件を取得するのは金利面のデメリットもあるので、
独身の単身者の場合はまずは自ら居住用としてマンションを購入して、
その後、家族が増えるなど生活の変化に合わせて賃貸などとして運営する方法なども紹介しています。

 

また、不動産投資をはじめローンを組んでいると、自分の居住用の戸建やマンションを購入しようとした時にローンが通りにくくなるデメリットもあるので注意しましょう。

 

 

このように不動産投資はうまく回転させた時のメリットは非常に大きいですが、失敗事例や不動産投資をした事を後悔する方も多い難しい投資商品です。
当サイトでは、項目ごとに田中真氏と中村建治氏によって、不動産投資のポイント解説や、フィードジャパンの2chなどの評判などの情報も織り交ぜながら紹介していきます。