新築と中古は同じ不動産投資でも違う特性があります。フィードジャパンでは初心者に新築マンションを勧めるには理由があっての事です。

 

新築と中古

 

フィードジャパンでは新築の1Rマンションをはじめ投資物件を多く抱えている不動産会社です。

一部中古物件を扱っているケースもあり、これから不動産投資を始めようとしている方は、

新築か中古で迷われている方も多いのではないでしょうか?

 

フィードジャパンに限らず不動産投資を検討している方の為に、新築と中古の違いや選ぶ時のポイントについて紹介していきます。

当サイトでは田中真氏と中村建治氏が業界事情や2chなどのネット上の評判を見ながら、それぞれの特徴を解説しています。

 

 

不動産の新築と中古のキッチン

 

 

 

新築の方がリスクが少ないが、原価回収に時間がかかる

 

新築物件を取得した方が、中古に比べてリスクは少ないです。

 

2chの情報を見てみると

  • 中古は水回りなどのトラブルで修繕工事のリスクが高い
  • 築年数が新しい方が空家リスクが低い
  • 新築だと修繕積立金が安い
  • 新築プレミアム(最初に入居する方から高い家賃を取れる)

などの理由が紹介されています。

 

こうした情報は全て正解ですが、新築マンション事業に詳しい中村建治氏はもう一つの理由を教えてくれました。

 

不動産投資業界は歴史が古く、悪質な業者が乱立した為、投資者に不利益な物件や問題点を抱えている物件も多数あります。
近年不動産業界は投資用や居住用に限らず、より投資リスクが少ない物件に重点を置いて開発して、マンションの条件全体が底上げしてきています。
フィードジャパンも同様で扱う物件を闇雲に増やすのではなく、品質が高い人気物件を揃えて在庫回転期間を高める企業努力をしています。

 

この話をもとめると、新築マンションは過去の投資向けに開発された物件の失敗事例を踏まえて研究されて開発されている。
それに対して売りに出ている中古物件は、素人では気づきにくい何かしらの問題を抱えているリスクが高いです。

 

その為、これから不動産投資を始める初心者の方は利回りが低くても、新築を購入した方がリスクが少なく着実に資産形成できます。

 

 

また、不動産投資業界に詳しい田中真氏がポイントを付け加えてくれました。

 

不動産投資をするのであれば、やり方次第では中古の方が収益性が高いです。
利回りも高ければ、取得価格が安いので早期に完済して家賃収入だけを得る事もできます。

 

不動産投資は居住用に不動産を取得するのに比べて、金利や税制面の恩恵が少ない面もあるので、中古の方が理論的には有利な面が多く、大儲けできる可能性を秘めています。

 

しかし、中古物件の不動産投資は新築物件を購入するよりも10倍以上は物件選びが難しく、何かしらの問題を抱えているケースが多くなっています。
良質な物件を自らの目で見極める事ができる中~上級者の方は中古にこだわって投資をしていくケースもありますが、
不動産業界に詳しくない初心者の方は迷わず新築を選んだ方がリスクが圧倒的に少なくオススメです。

 

投資は、フィードジャパンや不動産投資に限らず、いかに損失を出すリスクを少なくするかを追求するのが第一歩で利幅を求めるのはその先です。

 

中古物件はお手軽感もあるので初心者が手を出すケースも多いですが、値段的には手軽だけど、手間暇をかけないと失敗してしまう事が多い投資商品という事を理解して検討するようにしましょう。

 

2chなどでは、ごく一部のタマタマ高利回り物件を安く買って、何もトラブルなく早期回収に成功した方の自慢話などが投稿されていますが、それは本当にごく一部で、不動産投資に失敗した人は2chに構っている余裕もないくらい追い込まれて苦労しています。

 

またネットは匿名とは言え、2chなどの掲示板は自分の自慢話をしたがる人が多い傾向があります。
知恵袋やOKウェブなどを見てみると、中古の投資物件に手を出して苦労している方がたくさんいる事を理解して頂けると思います。