空室リスクなども考慮した上で、長い目で収支を考える必要があると実感しました。

 

不動産投資の失敗談

 

不動産投資をされている方の体験談の中から失敗したと感じている方の経験談を中心に紹介致します。

 

運営管理での失敗として、入居審査を人任せにしないという体験談が見られました。

入居審査は人任せにしないで自分でやれば良かったです。身に染みて感じました。
入居者には様々な職種、経歴の方がいらっしゃるので入居してから問題を起こされると大家に負担が来ます。
保証会社に審査してもらって家賃保証を得るという方法も最近ではありますが、リフォームや賃貸募集なども含めて不動産業者にまかせっきりにしない体制を取れば良かったです。

 

コスト削減の失敗例として、サブリースを解約したことによる失敗。

中古のマンションを購入しました。購入時はサブリースがついていたのですが、一般の賃貸管理契約に切換えました。
当初は、この物件であれば賃貸に困らないと言われたためそうしたのですが、その後、入居者が退去してしまい、空室状況が出てしまいました。空き部屋の間は家賃収入が無いうえに管理費もかかってしまったので、かなりの損失になりました。

 

目先の利益だけを考えず、空室リスクなども考慮したうえで長い目で収支を考える必要がありそうです。

 

 

また、失敗したと感じている方の意見に、

 

 

不動産を買う時に、今のような人脈が欲しかった・・


 

 

不動産投資では、自分が信頼出来る管理会社を探すことが重要だと感じました。
不動産では人脈が重要だというのは聞いて知っていたのですが、購入字の不動産業者だけでなく購入後のリフォームを頼む業者や管理会社が重要だと痛感しました。


というものがありました。

 

いかがでしたでしょうか。
不動産投資などの投資を始める際には、良い面ばかりを見てしまいがちです。
当然、不動産投資で損をしようと思って始める人がいないからと考えられます。

 

しかし、不動産投資には当然ながら失敗も有り得るので、これらの失敗談を参考にして是非、成功するための予備知識にしてみて下さい。
また、成功体験談から成功するためのポイントを取り入れてみましょう。