不動産投資で失敗しない為の事前に見ておくポイントを田中真氏と中村建治氏が教えてくれました。

 

不動産投資のポイント

 

フィードジャパンをはじめ、これから不動産投資を始める方には、事前に見ておく情報にいくつかのポイントがあります。

 

不動産業界のエキスパートでもある田中真氏と、中村建治氏が

投資物件で失敗しない為に見ておくポイントやコツを教えてくれました。

 

 

不動産投資で見ておくべきこととは

 

 

 

マンションの立地

 

人気投資物件の共通点」のページでも紹介している通り、不動産投資で最も重要なのはマンションの立地です。
住所や駅からの所要時間を確認する事はもちろん、もっと詳しく調べてみる事が必要です。

 

必ずチェックしてもらいたいのがネットの情報です。

「住みたい街ランキング」などの上位で紹介されている物件や、人気が高いエリアなどの情報はネット上の口コミも非常に有益です。
2chなどの匿名掲示板で、そのエリアに住みやすさなどのスレを見てみると良いでしょう。

 

一例を挙げると、東京からのアクセスもよく日本を代表する大都市の横浜は住民税が高く、子育て環境などの待遇があまりよくないなどの悪い評判もあり、区によってその土地のブランド力は大きく変わってきます。

 

この為横浜で投資物件を探す場合は、詳細な区や沿線などの場所を把握したり、子育て環境を重視するファミリー向けではなく、単身者向けに人気が高いエリアを探す事が必要です。

 

一例を紹介すると日本最大のチャイナタウン、元町付近の中華街近隣では中国人が多く、賃貸の需要が非常に高いですが、退去時の修繕費でモメる事も多いなど、具体的な書き込みも2chなどを活用すれば知る事ができます。

 

また、できればネット上の情報だけではなく理想はそのマンションから一度最寄り駅まで歩いてみる事も必要です。
徒歩での所要時間だけではなく、起伏の多さや街頭の多さ、騒がしさや治安なども自分の目で確かめておく事はとても有益な検討材料になります。
時間がない方はグーグルマップのストリートマップなどで近隣の街並みを確認しておくと良いでしょう。

 

 

ワケあり物件ではないか確かめる

フィードジャパンの利用や不動産投資に限らず、不動産を取得する時の基本的な事です。
マンションの詳細から

  • 再建築不可になっていないか
  • 購入形態は所有権
  • 接道が私道
  • 中古の場合は告知事項の有無(事故物件の確認)

などをしてみましょう。

 

最近では横浜のマンション傾斜問題がありますので、物件情報には記載がされていませんが、建築時に話題になった測量会社が絡んでいないかを確認しておく事も必要です。

 

 

 

利回りはそれほど重要ではない

 

フィードジャパンを含めて不動産投資の商談で強調する方が多いのが「利回り」です。
当然投資商品ですので、利回りは高いに越した事がありません。
しかし利回りが高い物件程、投資に失敗するリスクも高いです。

 

2chなどでもよく話題に出ますが、不動産投資の利回りは築年数が古い中古物件や地方に行く程、利回りは高くなる傾向があります。
フィードジャパンが得意にしている首都圏の1Rマンションの利回りは5%前後のものが多いですが、利回りが低くても安定した収益を確保でき、売却時にも価値が下がりにくメリットがあります。

 

利回りが高い物件は、賃貸の人気が低いので、空家リスクもありますし、大家負担の修繕費が高く付いたり、賃貸をする際に値引き交渉を強気に行われる傾向がありあす。

 

この為、結果的に表面利回りが高く表示されていても、実際に運用していくと、どんどん実際の利回りが少なくなってしまい、最終的に空家になったり売りたい時にすぐに売れずに買い叩かれてしまうリスクが出てきます。

 

もちろん、最初から入居者がいても利回りが赤字になるような投資をする事も論外ですが、不動産投資は長い目で見れば利回りよりも
立地など不動産としての価値や売却時に売りやすい人気の条件が揃っている事の方が重要になってきます。

 

ちょっとした細工もしやすい甘い高利回りの誘惑に惑わされる事なく、資産価値を維持できる人気の好立地物件を選ぶ事不動産投資で失敗しないポイントです。