東京では千代田区や中央区、港区などの23区内の一等地が大幅な上昇となっています。

 

今価格が上がっている地域

 

 

日本の地域の不動産投資は日本人だけでなく、外国人投資家も投資先として注目しています。

特に、中国人投資家は観光地の不動産投資を積極的に行っています。

 

また、東京の一等地のマンションなども海外投資家や日本の富裕層の投資目的として買われ、高騰しています。

 

 

マンション

 

 

今、東京で価格が上がっている地域は、千代田区や中央区、港区などの23区内の一等地が大幅な上昇となっています。
23区内でも住宅地と考えられている地域は上昇率も留まっているため、価格が上がっている地域は都心の超一等地に限られています。

 

中央区では、日本橋や東京八重洲口などの商業地がありますが、人形町エリアや茅場町、築地、月島などの地域が価格が上がってきています。住宅エリアに限らず、マンションなども東京では高騰しています。
また、神奈川県の川崎市中原区千葉県の木更津市などもアップしています。
これらのエリアは、日本の投資家だけでなく、海外の投資家も売買市場に参入しています。

 

 

地価価格上昇中の観光地も記載致します。

北海道のニセコのあるスキーリゾート地区夏の定番リゾートである沖縄県那覇市京都の観光ポイントが豊富な京都府京都市東山区などが挙げられます。いずれも日本を代表する観光地となっています。
これらの場所は、2020年の東京オリンピックで来日する多くの外国人の観光先としても注目を集めています。

 

 

いかがでしたでしょうか。
日本は首都圏を中心に、比較的堅調な不動産市場です。
オリンピックの開催に向けて、東京では土地価格も上昇がみられています。

 

また、都心部だけでなく観光地なども地価上昇の傾向が見られる所があります。
東京、大阪、名古屋などの三大都市圏は住宅地や商業地も上昇しているようです。
将来に向けて、これらの地域の不動産投資を考慮されてみてはいかがでしょうか。

 

国内だけでなく海外に興味のある方は海外物件の不動産投資のページを御覧ください。